いくらちゃんの離乳食日記 オススメ食材宅配
子供とお出かけ 娘たちに伝えたいお金の話

離乳食デビューの様子をレポ!いくらちゃんの離乳食日記①

離乳食のはじめ方。5ヶ月で開始した実際の様子をブログで体験レポート 離乳食
スポンサーリンク

赤ちゃんも5ヶ月になり、そろそろ離乳食をはじめなきゃな…。

でも、

  • 実際のはじめ方がわからない
  • 具体的な体験談を知りたい

という方のために、

最近離乳食デビューをした次女いくらちゃんの離乳食の様子をシェアさせていただきます!

長女にはじめて離乳食をあげた日のこと、今でも覚えています!

それくらい、はじめての離乳食ってメモリアルなもの♪

本の通りに10倍がゆをつくってあげるも、全然見向きもされず。よくよく調べたら、おかゆは作ったあとに裏ごししなきゃいけないらしい…!

▲最初はそんなレベルで始めて、今回2人目の離乳食を迎えました。

たらちゃんの時に得た経験値を引っさげて、いざ。

いくらちゃん!離乳食を召し上がれ!

↓↓離乳食の概要や、ステップごとの解説はこちら↓↓

スポンサーリンク

始める目安

はじめて1ヶ月ほど経った頃の離乳食
  • 大人の食事が食事をしていると興味を持ち、よだれが出てくる
  • スプーンを口に当てても押し戻さない
  • よだれが増えた

生後5ヶ月をすぎ、これらのサインが出始めていたらもう赤ちゃん側の離乳食受け入れ準備はOKです。

もし生後4ヶ月でこれらのサインが出ていても、目に見えない赤ちゃんの消化機能はまだ未熟なので5ヶ月まで待った方が良いと言われています。

逆に、サインが出ていても『面倒だなぁ』と生後6ヶ月からスタートさせても全く問題はありません。ただし、遅くても生後7ヶ月になる前には始めていたいものです。

いくらちゃんは5ヶ月と10日でデビューしました。

はじめてあげるのは10倍がゆ

炭水化物の基本、おかゆからスタートさせるのが一般的です。

作り方は色々

米から作ったりご飯から作ったり、作り方はいろいろありますが私のやり方はこれです。

①おかゆクッカーを使う

↑私はこれを使用しています。

付属のスプーンで山盛り1杯のご飯を器に入れ、カップの内側の水を入れるラインの下まで水を入れたらチン!4分加熱して裏ごしして完成です。

私は少しでも楽をするため、

  • ごはん→山盛り2杯
  • 水→内側の上のライン

この分量でまとめて作っています。(大さじ7くらいできるので、大さじ1ずつ小分け冷凍)

②炊飯器でご飯と一緒に

といだお米小さじ1/2、水小さじ5を湯飲みなどに入れ、いつも炊くのと同じ分量でセットした米と水の中央に置く。

そのまま炊飯して、炊き上がったものを裏ごして完成。

この分量で大さじ2杯のおかゆができます。

この方法はあまり量が作れないので実は1回しか試してないです。

どちらにしても、裏ごしをするのを忘れないようにしてくださいね!

手作業で裏ごしをすると水分が少なくなるので、お湯を足してのばしてあげた方がなめらかになって食べやすくなると思います。

ちなみに、まだ1回食のうちはこの量で1週間分ほどもちますが2回食になるとあっという間にストックが足りなくなるのでブレンダーを使うのがオススメです。

ブレンダーもっと早く使えば良かった…の気づきを、こちらの記事でも少し触れています。

作るのが楽という利点以外に、作ったおかゆの圧倒的滑らかさに眼から鱗ですよ。

離乳食以外で大人ご飯にも使えるものですし、本当に買って損はないと思います!

さっそくあげてみよう

必ずおかゆの温度が人肌程度になっているか確認して下さい。

おすわりが安定しない内は、横抱きして膝に座らせてあげる方がいいかもしれません。

はじめの一口はあげる方も緊張しますが、なるべく楽しい雰囲気であげましょう。

食べさせ方

  1. まず赤ちゃんに食べ物を見せてあげる。
  2. スプーンを正面から差し出します。(口の中に突っ込むのではなく、下唇にのせるかんじで。)
  3. 赤ちゃんが口を閉じたらスプーンを抜きます。

↑これは教科書通りのあげ方で、

いくらちゃんは下唇にスプーンをのせると何度やっても舌の下から食べようとします。(無理だよぉ、いくらちゃん。)

なので、私は下唇にのせながら舌にスプーンの先を置いて少し角度をつけて流し込んでいます。

正解ではないけれど、こうすると上手にゴックンできるみたいです。

なので、液体のりみたいなかんじよりももっと水分が多めの方があげやすいと思います。でも、シャバシャバにしすぎもダメ。離乳食難しいw

また、だらだら口からたれてくるとおもうので、優しくスプーンですくってもういちど下唇へ。

☆追記☆

離乳食を始める前の赤ちゃんは、お口を開けて哺乳しています。

離乳食ではそうではなく、

口を閉じさせてゴックンさせるという舌の動きがとても大切らしいです。

開いている口にどんどん流し込む私といくらちゃんのスタイルは、赤点…

ただし!

最初はほとんど食べなかったいくらちゃんも、はじめて1ヶ月が経った頃には上手に口を開けてスプーンをパク!口を閉じてしっかりとゴックンできるように!

いつかはちゃんと食べれるようになるので、食べてくれる入り口として間違ったあげ方でもご飯に慣れさせてよかったかなと自己満しています。

もちろん、『まだあげるのが早かったな』と一度中断して、しばらくして再チャレンジでも全然問題ないです。

☆追記終わり☆

あげる量は?

はじめてあげる量は小さじ1。

どんどん量を増やしてはじめの一週間で大さじ1(小さじ3)を食べれるのが目安!らしいですが、いくらちゃんははじめて二週間、まだそんなに食べてくれません…(T . T)

思うように進まない場合は

一度おやすみするのも手ですが、私はとりあえず毎日あげ続けました。

裏ごしが物足りないかな?と試行錯誤した結果、パンがゆなら食べてくれるようになりました!

※パンをはじめてあげる時は、アレルギーの心配を考慮してあげてください!!!

少量ずつ、病院の診療時間内にが鉄則です。

裏ごしを丁寧にやってもなかなか食べてくれない場合は、他の食材に移行するのも手です。

いくらちゃんはパンにしましたが、

野菜のペーストを混ぜたら食べた!

だしを足したら食べた!

などの体験談を耳にすることがあるので、いろいろ試してみてください。

パンで慣れたのか、いくらちゃんはにんじんペーストも食べてくれるようになりました♪

ちなみに、

パン(小麦)(乳)をこんなに早くあげて大丈夫…?と心配する方はたくさんいらっしゃると思います。

↓↓↓

いくらちゃんはお肌が弱めなので私も6ヶ月まで待とうかなと思ったのですが、

『アレルギーが強く出る子はお母さんがパンを食べただけでおっぱいを通じてアレルギー反応が出る』

みたいな事を聞いたことがあって思いきってあげました。あげた後の機嫌、湿疹、うんち、どれを取っても異常なしでした。

けれど、これについてネットで調べても確かなソースがありません。結局はお母さんの判断になってしまうと思いますが、とりあえず情報として提示できるのは、

離乳食をはじめて2週目、生後5ヶ月半ばのお肌弱め赤ちゃんもパンを食べて大丈夫でした。

ただし、あげたパンは近所のちょっとこだわったパン屋さんで購入したものです。

アレルギーが出そうな食材をあげる時は特に

☑︎病院の診療時間内に

☑︎はじめてあげる日はごく少量

この2点を必ず気をつけてあげましょう!

追記:小児皮膚科の先生に聞いた所、『母乳からアレルギー物質が移行するのは考えにくい』との見解を頂きました。

どちらにせよ、アレルギーが出やすい食材をあげる時はすぐに病院に行ける時間に、少量ずつ試すようにするのが何より大事です。

まとめて作って冷凍してチンが楽

先に出てきたおかゆは、私はこのように保存しています。

100円ショップなどで製氷機を購入し、そのままおかゆを入れて冷めたら冷凍庫へ。

固まったら出してジップロックに入れています。

大さじ1ずつ冷凍しておくと、あげるときに扱いやすくて良いかなと思います。

食べるときにチンして出せば手間はかかりません。

▲私は600wで1分チンしています。お使いのレンジで調整してみてください。

余談ですが、写真から分かる通り手作業での裏ごしは若干つぶ感が残ってしまっていますよね。ブレンダーで作るおかゆだと、こんなかんじです。

画像左下がブレンダーで作った10倍がゆです。

な〜ん〜て〜なめらか〜です!!!

パンがゆも冷凍で!

パンがゆの場合は、耳を切った8枚切りの食パンを細長く5〜6等分して冷凍しておきます。

食べるときにそれをすりおろし、大さじ3くらいのお湯やミルクなどで溶きます。

なめらかで美味しいらしく、おかゆを食べなかったいくらちゃんもパクパクでした。

ちなみに、

ミルクも予め作っておいて、おかゆのように冷凍しておくと便利です。

完母の方も、出産時の病院や赤ちゃん用品店で試供品のミルクなどもらう機会があると思うので、そういう使っていないミルクを離乳食で活用するといいと思います!

いくらちゃん、5ヶ月前半の離乳食を終えて

最初はおかゆをなかなか食べてくれずに苦戦しましたが、

パンがゆという新しい食材によってご飯の美味しさに目覚めたらしく食べてくれるように!

はじめて2週間で、大さじ1のおかゆと小さじ1のにんじんペーストの混ぜたものこれくらい完食できるようになりました。

(伝わりづらいw)

来週からは、タンパク質に挑戦してみたいと思います!

この2週間であげたのは、

  • おかゆ
  • パンがゆ
  • にんじん

以上、なかなかのスロースタートです。

次回の更新をおたのしみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました