いくらちゃんの離乳食日記 オススメ食材宅配
子供とお出かけ 娘たちに伝えたいお金の話

【幼稚園の先生に聞いた】入園前に親がやるべき事

入園準備。入園を控える子供に、親ができることは? 育児
スポンサーリンク

もうすぐ春!

春といえば卒業!?

いえいえ、

いよいよ幼稚園の入園の季節です!!!

ずっと離れる事なく一緒に過ごしてきた我が子が自分から離れてお友達や先生と一緒に「はじめての社会」を経験する。

考えただけで寂しいような、

自分の時間が持てて嬉しいような…(笑)

しかし、はじめての幼稚園となると、

うちの子、スムーズに幼稚園に通えるのかしら…

入園前に私が出来る事はないのかなぁ?

と、親の方が心配になってきちゃいますよね。

大丈夫です。

娘の入園が不安で不安でしょうがなくて、幼稚園の先生にその不安をアナタの代わりにぶつけてきました!(笑)

今回、そこで聞いてきた先生のお話を記事にしてみなさんとシェアさせて頂きたいと思います。

我が子の入園を控えるお母さんお父さんの不安を少しでも取り除けられると嬉しいです!

スポンサーリンク

入園前に親がすべき事は2つ

入園前に家でしておくとスムーズに登園出来るようになる、ある2つの事があるそうです。

①「4月から幼稚園に行くんだよ」の声掛け

入園前の1〜2ヶ月前から、

「4月から幼稚園に行くんだよ!」

「年少さんになるんだよ!」

「毎日お友達や先生と遊べるんだよ!」

4月からの生活の変化を事前に教えておいてあげることが大事だそうです。

「ママと離れたくない…。」

そう泣かれそうで、なかなか幼稚園に入園することを言えずにいきなり入園式!としてしまうと心の準備ができず、子供にとって大きな負担になってしまうそうです。

例え幼稚園に行くと伝えて子供にマイナスな態度を取られても、伝え続ける事が大切です。

3歳だってもう立派な人間。

言葉や態度で嫌々!と言っても、心の中では頑張って受け止めようとしているのです。

その心の葛藤が落ち着くまで、時間がかかる場合があります。

2月中旬あたりから、4月からの新生活について教えてあげましょう。

ちなみに、我が家のたらちゃんは?

すでに1年間、1人でバスに乗って週2回プレに通っていたので「年少さん」になるのが楽しみでたまらない様子です。

②生活習慣を見直す

もちろん幼稚園でも生活習慣を身につけるお手伝いはしてくれますが、幼稚園で過ごす時間は4〜5時間程度と限られています。

基本的な生活習慣は、毎日の積み重ね。

家での日常生活の繰り返しが生活習慣を作っているので、幼稚園と家庭とで協力してやっていきましょう!との事。

『園に全てお任せします!』のスタンスだと先生方も困ってしまいます。

具体的には、挨拶や返事、食事のしつけやお着替え、手洗い、トイレに早寝早起き!

全てを完璧にして欲しいわけではなく、パパママが家庭での声掛けを少し意識してやってくれたら有難いですとの事でした。

絶対にやってはいけない言動

『〜できないなら幼稚園には行けないね!』

『そんな悪い子じゃ、幼稚園生になれません!』

『〜ができないと、先生に怒られちゃうんだって』

幼稚園は怖い所ではありません!!!

幼稚園に恐怖を抱かせてしまう恐れのある言動はしないで下さいとの事。

逆に幼稚園は『〜できないから行く』もの。

出来ることを増やす場所が幼稚園です。

幼稚園って楽しいんだって!お友達や先生とたくさん遊べるんだって!と、幼稚園は楽しい所だよと言うのを伝えてあげましょう!

入園から2〜3ヶ月はここに気をつける

無事に入園出来て順調そうに見えても、やはり2〜3ヶ月は注意してあげることが大事だそうです。

幼稚園に毎日通えてると言っても、子供にとって一番の場所はお家。これはずっと変わらない事です。

お家ではいつも自分が1番!

パパやママが優しく自分を優先してくれる!

けれど、幼稚園では違います。

お友達とのおもちゃの取り合い、本当はお外で遊びたいけど今は先生のお話を聞く時間。

幼稚園は様々な『我慢』を強いられる環境でもあります。

それが子供に緊張感やストレスを与えてしまうのは事実です。(それが悪いわけではないです。これからの人生に必要なことです。)

このような大好きなお家の人と離れる不安=分離不安から子供達を救ってくれるのは、

幼稚園に行っても、ちゃんとお家に帰れるんだ!

と言う安心感です。

①目の前でお家の人と離れ離れになる経験と②またお家に帰れるんだ!の2つの経験を繰り返すことで、

その分離不安から解放されて子供は心から元気に幼稚園に通えるようになります!

具体的にすべきこと

お家が1番のリラックスできる場所であることは変わらないので、最大限その環境を整えてあげて下さい!との事でした。

帰宅後、まずは制服からいつものお洋服に着替えてオンオフの切り替え!

そして、手洗いうがいをしたら子供と向き合い、幼稚園で何したの?とたくさん質問してあげます。

答えてくれたらオーバーに褒めてあげましょう!

『幼稚園、1人で行けて、そんなすごい事したんだね!』等。

これが、子供の意欲の原動力になって幼稚園にまた行きたくなるのだそうです。

たらちゃんと私

プレの話で恐縮なのですが…

これは変に意識せずとも、パパママは絶対『幼稚園で何したの?!』って気になって質問攻めしちゃうはず!私はたらちゃんがバス降りた瞬間から質問攻めしてました(笑)

そうすると、やっぱり嬉しそうに話してくれるんですよね〜。そういう親子の会話がとても大事だそうなので、たくさん質問しちゃいましょう♪

バス乗車拒否にはどう対応する?

これは簡単です。

どんなに泣こうが喚こうが、心を鬼にして

『お願いします!!!』

と先生に預けちゃって大丈夫です。

先程述べた、分離不安を解消するステップとして『目の前でお家の人と離れ離れになる経験』は必要なものです。

逆に親の方に迷いがあると、子供も不安になってしまいます。

先生を信じて笑顔で見送ってあげましょう!

4、5月のバスの乗車時、子供たちに泣き叫ばれるのは先生にとっては当たり前のことだそうです。

うちの子だけ泣いちゃって恥ずかしい…なんて絶対に思わないでくださいね!

ちなみに、バスの中で先生は

『うん、寂しいよね。でも、幼稚園でいっぱい遊んだら、すぐに大好きなお家に帰れるから大丈夫だよ!』

などと声掛けをしてくれているそうです。

これを繰り返すと、幼稚園は子供にとって『私の居場所』になり、お家に次ぐ第2の安全地帯になるというわけです。

たらちゃん、はじめてのバスは?

プレでの話ですが、在園児さんと同じように1人でバスに乗るシステムでした。

バス停まではルンルンで、行ける!という感じでしたが、いざバスが来て先生が降りてきたら急に怖くなったのか、私の後ろに隠れました。しかし、先生が『抱っこしちゃいますね!』と言って無理矢理バスに詰め込みました。放心状態でバスに座らされ、その後ギャン泣きしたそうです。

週2回のプレ。3週目には自らバスに乗り込めるほどたくましくなりましたよ。

でも、お友達は自らバスに乗り込んで勝手に座ったりと色々なタイプの子がいるみたいでした。

とりあえず、先生に任せれば大丈夫ですので安心してください!

幼稚園に行きたくない!と言われたら

幼稚園に行きたくない気持ちを受け止めてあげる事が大事と言われました。

いいから行きなさい!と一方的にいうのはNG。

でも、実際問題行ってもらわなきゃ困りますよね…(笑)

なので、受け止めた上で後押ししてあげてくださいとの事。

そこでも大事なキーワードが

『すぐにお家に帰れるから大丈夫だよ』

ということ。

ちょっと頑張ったらすぐお家帰れるから!美味しいお菓子用意して待ってるから!と、お家に帰れることを強調してあげましょう。

けれど…これ、実際にイヤイヤ悪魔の3歳児に果たして通用するのでしょうか。

ここらへんは、実際にたらちゃんが入園したらきっと訪れる試練だと思うので、そうなった場合また体験談を書かせていただきますね!

ちなみに!!!

明らかにこれは…?!と気になる発言が出たら、遠慮無く担任の先生に相談してくださいとの事でした。

最後に

いかがでしたか?

  1. 入園前に親がやるべきこと
  2. やってはいけないこと
  3. 入園後のケア

について書かせていただきました。

私自身、これから第一子を幼稚園に入れるのでみなさんと同じようにドキドキしております。

他にも心配なのは入園式ですよね。

うちの子絶対泣くよなぁ…と心配しているアナタ!

大丈夫です。

「入園式は涙の合唱会です」

だそうなので(笑)

でも、入園式では泣いていた子供も、卒園式にはみんなキリッといい表情をしてくれるそうなのです。

そのギャップ、成長を見るのが私も楽しみなんですよと先生は仰っていました。

これから幼稚園生活が始まって、新しい生活のスタートです。

我が子の成長が、益々楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました