いくらちゃんの離乳食日記 オススメ食材宅配
子供とお出かけ 娘たちに伝えたいお金の話

三浦の『にじいろさかな号』体験レポ!子供も大喜び♪

お出かけ・旅行
スポンサーリンク

3歳と7ヶ月の娘たちを連れて、にじいろさかな号に乗ってきました!

にじいろさかな号とは、神奈川県の三浦半島にある道の駅的な『うらり』という商業施設から出港している半潜水式の観光船です。

公式サイト

このように、一見普通の観光船ですが

階段を下ると中はこのようになっています!

画像に写っているこの窓からお魚さんが観察できるんですよ〜!

3歳のたらちゃんが大興奮だった『にじいろさかな号』のレポです。どうぞ御参考に♪

2020年2月現在の情報です

スポンサーリンク

出港時間

一回40分の船の旅です。

9時20分が始発で、乗船準備等を含めた50分間隔で船は出ています。

私たちは2便の10時10分を目指して行きました。

途中、道を間違えてタイムロス。

駐車場に9時55分頃に着きましたが、余裕で乗船できました。

冬の閑散期だったからでしょうか…?

とにかく良かったです!

1便に乗られていたのは3組ほどでした。

私たちが乗船した2便は、6〜7組くらい20人ほどだったと思います。

家族連れや大学生グループ、大人グループと様々でした。

子供にはこのようにライフジャケットを着せてくれます。

準備ができたら、いざ出港です!!!

出港!

船内に乗ると、

『魚のポイントまで10分くらいは下にいても何も見えないから、上で景色でも観てるといいよ』

と教えてもらいました。

案内にもそう書いてあります。

しかし、とにかく、寒い!!!!

特に下も暖房が付いているわけではありませんが、それでも風をしのげるだけで十分なので避難。

冬の海はホントに寒いです!!!当たり前ですが、なめてました…!

しっかりとした防寒対策を!

逆に、夏はとっても気持ちいいと思います。

ポイントまでの10分間も楽しい船旅にしようと工夫してくれています。

一つ目は、船内アナウンス!

三浦の見事な景観、房総半島や城ヶ崎などの観光案内が流れているので、景色を楽しみながらなるほどと思える情報をもらえます。

そして二つ目は、鳥のエサやり!

大迫力ですよね。

船内で一袋50円でかっぱえびせんが売っていて、とんびやカモメが食べにきてくれるのです。

上に上に、高〜く投げるのがコツだとか。

大きいお兄さん達がはしゃいでいました。

大人も楽しい!

3歳のたらちゃんがあげるとこうなりますがw

ただ海に投げてるだけw

そして、寒い〜と下に戻って鳥のエサのかっぱえびせんを食べていました(笑)

ちなみに、船内後方のスペースからあげるのが一番あげやすいと思います。

鳥に絶対餌をあげたい!という方は最初の方から後ろを陣取っておくのも良いかもです。

10分ほどで、船のエンジン音が小さくなります。

そして、おじさんたちの『そろそろ下へ降りてくださーい!』の声と共に、上にいたお客さんがぞろぞろ下に降りてきます。

しばらく窓をじーと覗いていると…

見えてきましたお魚さん!!!

実際に海を泳ぐお魚の観察ができる!

おじさん達が、オキアミというお魚の餌を撒いてくれます。

すると、どんどんお魚が寄ってきて窓から見えます!

フグやメバル、タイなんかも見えました!

おじさん達がお魚の解説をしてくれたり実況中継をしてくれるのでそれも楽しい。

こんなにお魚がいるのは、ここのポイントを禁漁エリアとして設定したりする三崎のみなさんの努力の賜物らしいです。

水槽の中で泳ぐ魚はよく見るけれど、

本当に野生のお魚を間近で見る機会ってそうないですよね。

子供にとっても、すごく良い経験!

たらちゃんは、

『アリエルを探す〜!』

と必死に窓を眺めていて可愛かったです。

また、上にのぼるとおじさん達が撒いている『オキアミ』という餌を無料でくれるのでそれをあげる体験もできます。

『タダだよ〜。何回やってもいいんだよ〜!』

と、おじさんが言ってくれます。

なんか、この船の雰囲気すごく居心地が良かったです。

港へ戻る

公式サイトより

ここが実際にお魚を観察したポイントです。

また10分ほどかけて港に戻ります。

帰る際も、行きと同様に鳥さんに餌をあげられます。

たらちゃんは名残惜しそうに、

『おさかなさーん!ばいばーい!』

と何度も何度も言っていました。

届いているといいね、また来たいね♪

注意点

船は結構揺れるので、デッキに出ている時はお子さんの行動には十分注意してください!

子供だけでなく、大人も!

うちのパパ、よろけて足をぶつけて痛がっていました。

港に到着

約40分の船旅、終了です!

港に戻ると次の便に乗る人たちが並んで待っていました。

やはり、1便より2便、2便より3便の方が混み合うみたいです。

ありがとう、にじいろさかな号!

にじいろさかな号まとめ
  • 半潜水式の観光船
  • 野生の魚の観察ができる
  • 潜水部分だけじゃなく、デッキ上も楽しい
  • 子供、大喜び、大はしゃぎ
  • 船内の雰囲気がのんびりしてて良い
  • 冬は防寒対策必須
  • 早い時間の方が混まない

『うらり』内を物色

船を降りた後、産直センターうらりにて

ゲームコーナーを見たり

▲さすがマグロの街ですw

おみやげを見たり、

寒天のスイーツを食べたり

野菜を見たり

▲見事な三浦大根!

していたら、お腹が空いてきました。

時刻は11時を過ぎた所なので、子連れでもご飯が食べれそうな所を探します。

すると、駐車場の隣にあるご飯屋さんが良さそうとのことで急ぎます。

▲七兵衛丸さん

この時間だし、すぐに入れるだろうと思いきや結構混んでいます。

名前を記入して5分ほど待つと、名前が呼ばれました。

お子さまランチがあるからという理由でここに決めたのですが、そのお子さまランチ(¥800)がこちら。

美味しそう〜!

唐揚げみたいなのは、お肉じゃなくてお魚です!

しかも、これにアイスが付きます。

アイスは単品で400円ほどで売っているので、このおこさまランチお得だと思います。

大人はこれ。

刺身定食(¥1700)に、

まぐろ海鮮丼(¥1700)!

やっぱり三崎に来たら海鮮食べなきゃね!すごく美味しい!

付け合わせのお味噌汁とマグロの小鉢も美味しすぎてたまりません!

混んでいるにも関わらず店員さんがみんな仕事できるタイプだから回転が早い&すぐ来る&子供に優しい!

7ヶ月のいくらちゃんを抱っこしながら食べようとしたら、店員さんが気付いてバンボを持ってきてくれたのです。

おかげでご機嫌におすわりしてくれて、私もゆっくり食事ができました。

ありがとうございます最高!!!

ご馳走さまで、お店の外に出るとさらにすごい人だかり…!

こちらで食べる予定なら、遅くても11時30分には行ったほうが良いと思います。

七兵衛丸さん情報

まとめ

いかがでしたか?

にじいろさかな号は、子連れで三浦に来たら是非行って欲しい場所です。

子供はもちろん、大人も大満足の40分でした。

にじいろさかな号

住所:神奈川県三浦市三崎5丁目3

料金:中学生以上 1300円 小学生以上 600円
   ※各種割引あり。詳しくは公式サイトへ

営業時間:チケット販売は9時から

公式サイト:http://www.umigyo.co.jp/nijiiro.html

他にも三浦、横須賀の観光情報を書いていく予定です!

関東の方、三浦半島に是非おこしくださいー!

※おばあちゃんの家が横須賀にあるくらいで、私は三浦市と一切何の関係もありません(笑)

タイトルとURLをコピーしました