失敗しない絵本選びのおすすめ方法4つ>>

【関東子連れ】観音崎にsnow peak【グランピング】。3歳1歳と宿泊!

グラマラスなキャンプ、グランピング!!!

テント建てや火起こしなどの面倒な手間、

大きな荷物は一切必要なし!

ただでさえ荷物の多い子連れ旅行。

グランピングなら手軽に楽しめるのでとってもオススメです。

しかし、

グランピングは都内からアクセスの悪いところにあるよね…?

車がないと行くのは難しい…?

という風に思っている方もいるかもしれません。

でも、そんなことありません!!!

都内から電車で1時間(品川→馬堀海岸→無料シャトルバス)

車でも1時間ほど(広〜い無料駐車場あり)

というアクセス抜群で行きやすい場所にとってもいい感じの素敵なグランピング施設が、神奈川県の三浦半島にあるんですよ。

しかも、温泉施設入り放題!

公式サイトより

更に、夏にはプール入り放題!

 公式サイトより

美味しすぎる最高級バーベキュー!

公式サイトより

とっても素敵な場所でした。

また泊まりたい!!!

今回、snow peak glamping 京急観音崎に3歳と1歳の娘たちを連れて家族で一泊してきたので、

その体験談を詳しくブログでシェアさせていただこうと思います。

目次

Snow peak glamping 京急観音崎とは

 公式サイトよりhttps://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

近年人気が高まっている新しいキャンプスタイルのグランピング。

snow peak glamping 京急観音崎では、目の前に広がる海と山に囲まれた圧倒的大自然の開放感を味わいながら、綺麗なホテルの水回りや空調施設を使い快適に自然の中で過ごすことができます。

テント設置や焚き火の準備は一切必要なし。アメニティ完備なのでほぼ手ぶらでキャンプができてしまう。

そんな、都心からのアクセス抜群なグランピング施設となっています。

施設内部の小物類は全て大人気アウトドアブランドsnow peak製。

建物自体も(住箱と呼びます)snow peak製なんですって!

400万円で購入可能です!w

また、滞在中京急観音崎ホテルの温浴施設spassoに入り放題です。

この施設、本当に綺麗で最高です!

目の前が海!空!芝生!の屋外風呂もあって、日頃の疲れが癒せます…!

キャンプに行くのにこんなにゆったりできるなんてビックリですよね。

普通に入ると入館料が平日大人2000円(幼児600円・小学生〜1300円)かかる所、グランピング滞在中はチェックイン前〜チェックアウト後まで入り放題なのです!

私も4回入りました!

Spasso 公式サイト

また、夏季限定でホテルのプールも入り放題です!

グランピング建物の真後ろがプールになっているので入りやすいです!

ここまでご紹介した所で、実際に泊まってみての感想などを詳しくレポートさせて頂きます。

私たちの旅行のスケジュール

1泊2日のタイムライン
  • 9:30
    ホテル着

    Snow peak と書いてある事務所(レストラン浜木綿の隣)に行くも、不在。

    チェックイン前でもプールやお風呂は利用できると事前に確認済みだったので、電話で聞いてみるとホテルの受付に行くように指示が。

    そこでプールと温泉のチケットを受け取る。

  • 10:00
    プールで遊ぶ

    受付でもらったチケットをプール前で係の人に見せ、名前を記入。バスタオルを受け取ります。

    浮き輪も膨らませられます。

    オープンから1時間ほど経った7月の日曜日のプールは4家族ほどの混み具合で空いていました。

    子供用のプールもありました!

  • 11:30
  • 12:30
    スーパーで買い出し

    夕飯のBBQ用と夜の大人のおつまみ用にお菓子や食料品を少し買い込みました。

    部屋にはクーラーボックスがあるので冷蔵物を買っても大丈夫です。

    開けたままのチョコを入れておくと氷が溶けて袋に水が侵入し、白いチョコレートになるので注意です。笑

  • 13:00
    お風呂

    チェックイン前ですが、朝に受付でもらったお風呂のチケットを見せてタオルセットとロッカーの鍵を受け取ります。

  • 14:00
    チェックイン

    事務所に行くと、検温。

    宿泊する建物の前で簡単に説明があります。

    夕食と朝食の時間もここで決められます。

    (17時〜19時/7時〜9時の間で開始時間を決められます。)

    私たちは夕食を5時スタート、朝食を7時スタートにしました!

  • 15:00
    もう一度プール

    部屋で水着に着替え、すぐ裏にあるプールでもう一度遊びます。

    貸し切りでした!

  • 16:00
    ママ1人で温泉

    子供達の機嫌が良かったので、パパに任せてひとりでのんびりとお風呂へ…。最高…。

    ちなみに、チェックインして鍵を受け取った後は受付で鍵を見せて名前を言うだけでロッカーの鍵とタオルセットをもらえます。

  • 17:00
    BBQ開始

    16:30分頃からスタッフの方が色々な準備をしてくれます。

    食器や前菜、ブイヤベースやパン、どんどん持ってきて頂けます。

    白飯も頼めば持ってきて頂けます。

    マグロのカマまで!

    お肉も野菜も海鮮もたっぷり!

    子供達のご飯の追加料金は払っていませんが、大人2人と3歳1歳大満足でした。

    1歳児はごはんとブイヤベース、パンやマグロのカマなどを。

    3歳児はパンとマグロのカマ、ご飯やソーセージや鶏肉、コーンなどを食べました。

    マグロのカマにハマりすぎてこればっかり食べていました。

    とにかく全部が美味しいし、何も準備しないで焼くだけでいいなんて最高でした。

    アウトドアなので、子供たちも自由に遊ばせながら食べられて子供たちも楽しそうでした!

  • 18:30
    焚き火開始

    具材もそろそろ焼き尽くした頃合いを見計らってスタッフさんが焚き火の事を聞いてくれます。本来なら『暗くなってから』やるものらしいですが、子供達の事を考えて早めに準備して頂きました。

    もちろんスタッフさんが華麗な手つきで!

    マシュマロとパンナコッタ、温かいお茶(コーヒー)のデザートです。

    はじめての焼きマシュマロ、楽しめました!

    夕ごはんスタートからデザートを食べ終わるまだ、2時間ほどかかりました!

  • 19:30
    お風呂

    焚き火は燃え尽きていませんが、そのまま放置して大丈夫なようでした。

    いつも20時に寝かしつけている子供達を急いでお風呂に入れます。

    ここで注意なのが、おむつの子は大きいお風呂に入れません。ベビーバスが置いてあるのでそれで入れます。

    私はベビーバスは使わず、シャワーで洗うだけ洗って着替えて旦那にパス→もう一度ゆっくり入りました。

  • 21:00
    子供達寝かしつけ

    色々あっていつもより1時間すぎてしまいましたが、無事に寝かしつけができました。

  • 22:00
    外で大人の時間

    子供達が寝た後、外のデッキで夫婦でお菓子食べながらお話!

    お金の話が大好きな夫婦なので、そんな話ばっかりしていました。笑

    あわせて読みたい
    我が家の資産状況:2020年7月
    我が家の資産状況:2020年7月パパどうもパパです。久々に我が家の資産状況でもまとめておこうかな。前回の資産状況のまとめはコチラ。https://taraikura.com/our-portfolio-2020feb/この記事を書い...
    あわせて読みたい
    保険は子供の資産形成になる?学資保険を貯金代わりにするのは損!
    保険は子供の資産形成になる?学資保険を貯金代わりにするのは損!パパ先日、学資保険に関するこの様な内容のツイートを拝見しました。学資保険は増えないと勘違いしている人が多いけど、「増やす為のもの」と考えている時点で間違って...

    本当は晩酌できたら最高ですが授乳中なので私は炭酸飲料。

    (クーラーボックスにオシャレなワインが入っていたので、是非皆様はそれを!)

    22:30までは温泉施設に入れるので、そこで歯磨きやトイレを済ませます。

    (洗面台は建物の隣にありますが、虫が怖くて私は使えませんでした…←)

  • 23:00
    就寝
  • 6:00
    起床

    起床前、5時にトイレに行きたくなりました。

    24時間使えるトイレは事務所にあります。チェックイン時に鍵を貰っているのでそれを使用。

    アウトドアしに来ているのに綺麗なトイレを使えて感激です…。

  • 7:00
    朝ごはん

    6時半頃からスタッフの方が準備してくれます。

    夜中に雨が降って心配していましたが、地面は濡れているものの無事にお外でごはんが食べられました。

    フライパンやホットサンドメーカーがあって、食パンや卵を自分たちの好きなように調理できるのです!

    旦那が一番楽しみにしていたイベントです! 

    朝食も子供の追加料金を払っていませんが大満足でした。

    3歳児は大抵のものは食べれました。

    1歳児も、パンと卵、ヨーグルト何かを食べました。

    パンはおかわり自由です!スタッフの方が聞きに来てくれますよ。

  • 10:00
    お風呂

    ご飯を食べた後、しばらくずっと芝生やデッキ、住居内でのんびり。

    そのあとでお風呂に行きました。

    チェックアウト後も入れますが、早く帰宅したいのでささっと。

  • 11:00
    チェックアウト

    鍵を持って、事務所まで。

    精算して終了!

  • 11:00
    帰宅

部屋の様子やアメニティなど

 公式サイトより

建物の外観はこのようなかんじ。

素敵ですが、正直狭いです。

アメニティもしっかり付いているので、歯磨きグッズ等の用意はいりません。コンタクトしている方はそれだけ!

子供用のアメニティも用意していてくれました。

子供の歯ブラシ忘れがちですが、忘れても大丈夫です!!!

フェイスタオルもめっちゃ用意されているので、色々安心です。虫除けが入っている箱に入っています。

冷蔵庫はなく、氷のたっぷり入ったクーラーボックスがあります。

中には飲み物がたくさん入っていて、無料で飲めます!

アルコール飲料は、ソフトドリンクと交換できます。

(ビールとチューハイをリンゴジュースとレモンスカッシュに変えてもらいました。)

オシャレなワインも入っていました。

もったいないので持って帰ってきました…笑

子供達を寝かした後、夫婦2人で波の音を聞きながら大人の時間はいかがでしょうか?

室内着もリュックに用意されていました。

しかし、夏なのに長袖長ズボン。着ないだろうと思っていたら、朝晩は夏でも冷えて、大活躍でした。

後驚いたのは、

海の近くで風も強いのに建物に入ると全く揺れや音を感じないこと!

それから、雨が降ってきても雨音が全く聞こえないこと!

外にいると波の音が結構激しいのですが、中に入ると一切聞こえないのです。

正直外の音丸聞こえ、風ですごく揺れるのを想像していたので嬉しいビックリでした。

また、水回りが一切部屋の中にありません。

しかし、デッキの隣に洗面所があるのでそこで歯磨きや洗面はできます。

…が!!!

水が出る所にフナムシがずっといて、私は使えませんでした…。

10時〜23時までは温泉施設、それ以外は事務所のトイレ、洗面台が使えるので虫が怖い方はそちらを使う事をおすすめします。

コロナ対策はどうなっている?

コロナ対策としてやっている事は、

検温とマスク着用のお願い、それからチェックイン時の対面での説明を減らすという点でしょうか。

検温はチェックイン時に行ないました。(おでこのタイプ)

また、基本的にずっとマスクをつけて欲しいとの事でした。

チェックインでの説明が減ったかわりに、部屋内部に分かりやすい説明書きがまとめられていました。

これを読めば何でも書いてあって、逆に便利だなと思いました。

私の感想と持ち物アドバイス

私が感じたデメリットは、

  • 思っていたより部屋が狭い
  • 虫が出る
  • 部屋にトイレくらい欲しい…

この3点です。

しかしみなさん、忘れていないですか?

ここ、ホテルじゃないんです!!!

アウトドア!

キャンプなんです!!!

私の中ではもう『ちょっと良いホテル枠』として見ていたのでこんなデメリットを感じてしまいましたが、そう。これ、キャンプなんです!!!

キャンプに来て、

テントを建てずに手ぶらでアウトドアを楽しめて、寝っ転がったら綺麗な海が見えて、シモンズの高級ベッドで眠れる。

公式サイトより

キャンプなのに、フナムシ1匹しか見かけなかった。

キャンプなのに、綺麗で清潔なトイレを24時間使える。

しかも、スパまで入れる。

あれ?

ほんとうにキャンプの面倒な事を省いていい所だけ取ってる…グランピング…これが…グランピング…!

正直、キャンプに50000円はお値段的にどうなのかと思ってしまう部分もあります。

けれど、こんな体験ってなかなか出来ることではありません。

ホテルと違った宿泊先に3歳児はとてもウキウキしていましたし、普段なかなか味わえない旅行が大人も出来たので、とても大満足です。

おすすめ持ち物

夏だから…と油断しているかもしれませんが、海の近くは朝晩は結構冷えます。

大人は館内着として長袖長ズボンが用意されていますが、子供用はありません。

子供の防寒着は持っていった方がいいと思います。

朝は寒くて備え付けの大人用のアロハシャツを3歳に着せ、膝掛けをぐるぐるに巻いてあげました。

ただし、朝ごはんを食べ始めたらポカポカしてきました。

まとめ

デメリットも感じましたが、それは私が『キャンプ枠』ではなく『ホテル枠』で考えていたからです。

  • 手ぶらでキャンプができる
  • 面倒な手間が一切ナシ!
  • BBQと朝ごはんのクオリティを保ちつつ、自分で調理するというアウトドア欲が満たされる
  • キャンプなのに綺麗な水回りが使える

なかなか体験できない事を自然の中で簡単に実現できるのは、とても貴重なことです。

キャンプと思うとお値段は少ししますが、関東からアクセス抜群の場所でとても楽しい時間を過ごせること間違いナシです。

子供がいる方はもちろん、どんな方でも楽しめる旅行だと思います。

とてもおすすめです〜!

ご予約は公式サイトから!

注意なのが、とても人気の施設なので直近の予約はまず取れないです。私も、7月の宿泊を2月に予約していました。1日に3組しか宿泊出来ないので、どうしても競争率が上がるのでご予約はお早めに!

伊豆の方まで足を伸ばせば、色々な価格帯のグランピングが探せるので是非一度ご検討を♪

テント内にお風呂やトイレ完備の所、貸切露天風呂がある所、興味深い施設がたくさん見つかります!

<<伊豆のグランピングを探してみる <<全国のグランピングを探す!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!3歳と1歳の姉妹を育児中のSATOです。朝起きたらとりあえず洗濯をしたいタイプで、餃子を焼くのはかなり上手いです。(自分で言う)大学在学中に夫と結婚し、アメリカ中西部で新婚生活を送っていました。日本語教師の資格も持っていますが誤字脱字の多いぽんこつママブロガーです。よろしくね!

目次
閉じる