いくらちゃんの離乳食日記 オススメ食材宅配
子供とお出かけ 娘たちに伝えたいお金の話

資産運用を始める絶好のチャンス到来!!

資産運用
スポンサーリンク
パパ
パパ

どうもパパです。

これまでも、娘たちに伝えたいお金の話という事で、株式投資を中心とした資産運用の必要性について書いてきたのですが、

資産運用を始める絶好のチャンスが来ています!

という事をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

株式市場はバーゲンセールの真っ最中!

最近新型コロナウイルスの影響で、ニュースでも米国のダウ平均株価や日経平均株価が下がっているってニュースを見た人も多いと思います。

では、今日時点でどれだけ下がっているのかを見てみましょう。(2020年3月19日時点)

半年間のデータを見てみると、日本も米国も直近の高値からの下落率はどちらも30%程度となっています。

パパ
パパ

かなり下がっていますね。

我が家の資産も、もちろんすごい勢いで減っています・・・

株式を中心とした資産運用はリスクがありますので、こういった事は大なり小なり何年かに一度発生する事はしょうがない事だとはわかっていても、実際に資産が減る事に対して耐えられないという方は多いのではないかと思います。

ですが、まだ株式による資産運用を始めていない方にとっては、

今まで高かった株式が安く買えるという事。

先ほどの数字で見れば株価が30%減なので、

今まで100万円だったものが今は70万円で買えるという、

30%オフのバーゲンセールをしている

という事になります。

例えばこれから株価が今の価格から2倍になったとしましょう。

同じ100万円を株式投資するとして、

暴落前に100万円を買っている人は140万になりますが、

暴落後の今、100万円で買っていれば200万となり、

その差は+60万円。

つまり、30%オフのバーゲンセールを実施している今、

株式による資産運用を始める事で、

より効率的な資産形成をする事ができるという事になります。

今後の株価動向大予想

ではこの先、株価はどの様になっていくのでしょうか?

この価格を底値として上がっていく可能性もありますし、まだまだ悪化していく可能性も十分あります。

つまり、短期的な値動きに関しては、誰にもわかりません。

それが当てられるなら、会社なんて辞めて個人トレーダーとして生きていきます(笑)

それなのにチャンスと言いきれるの?

短期的=1年以内で考えるのであれば、損する可能性は十分ありますのでチャンスとは言えません。

ですので、短期的に損をする事が許容できない方については、株式投資での資産運用をする事はやめた方が良い、という事はお伝えしておきたいと思います。

ここで言いたいことは、長期的=20年~30年スパンで資産運用を考える事ができる場合、今の株価暴落は株式を中心とした資産運用を始めるチャンスであるという事です。

その根拠として、過去の株式市場の値動きを見ていきましょう。

先ずはこちらのグラフを見てください。

これは1800年に各金融資産に$1投資した場合、各金融資産が200年でどの様な値動きをしているかという数字を表したものとなります。

一番上の右肩上がりに成長しているのが株式になります。

ここで注目して欲しいのが、グラフが対数グラフとなっている事。左側の軸を見てもらえれば分かる通り、株式は他の金融資産(債券、現金、金など)比較して桁違いに成長しています。

ざっくり30年~40年で10倍程度になっているイメージですね。

なんか凄いって事はわかったけど、

200年と言われてもピンと来ない様な。。。

パパ
パパ

では、直近30年の数字を見てみよう!

コチラの数字を見ても、1990年~の30年間で約10倍になっている事が分かるかと思います。

先ほどの200年チャートとほぼ同じ結果になっていますね。

このように、過去の歴史を振り返って見てみると、株式市場は右肩上がりに価値が上昇していることが分かってもらえたかと思います。

つまり歴史的に見れば、株式投資とは短期的な値動きに捉われる事無く、株式市場に投資し続ける事が出来れば、誰しもが資産を増やすことができる資産運用であるという事が言えます。

という事で、最初に書いた通り30%という千載一遇のバーゲンセールをしている今、長期的な資産運用を考えている方にとっては、資産運用を始める大きなチャンスが来ているという事になります。

ぜひこのチャンスに資産運用を始める事を検討してみて下さい。

どの様に株を購入していけばよいか?

今がバーゲンセール中なのはわかったんだけど、これからもっと下がる可能性もあるし、購入するタイミングが難しいよね。

先ほども示した通り、長期的に見れば、いつ買っても右肩上がりに成長していくはずなので、大きな問題はないと思います。

とはいえ、どうせ買うからには安くなったタイミングで購入したいっていう気持ちは理解できます。

では、どのように購入していくのが正解なのでしょうか?

もちろん、値動きを見極め、底値で一括購入!っていうのが出来れば、それがベストです。

ですが、そんな事ができるのは、よっぽど運の良い人か、プロの投資家たちだと思います。

私たちの様な素人に値動きの見極めはできない、という事を前提として考えると、

少しずつ分割で購入していくというのが正解となるかと思います。

実際のモデルケースでもう少し分かりやすく説明しましょう。

約10年前のリーマンショックの時の大暴落を例に、暴落後30%程度株価が下がった時に、一括で資金を投入した場合と、分割で投入した場合で比較してみましょう。

下記の様に3パターンでシミュレーションしてみました。

  1.  30%下落時に100万円一括投資
  2.  30%下落時より、50万円/月で分散投資(2回)
  3.  30%下落時より、25万円/月で分散投資(4回)

その結果はコチラ。

リーマンショックの時は、高値から最大で50%以上下落しておりましたので、当たり前といえば当たり前なのですが、一括投資と比べて分散投資した方がリターンが高まっている事が分かるかと思います。

このシミュレーションの場合、一括購入より4回の分散投資の方が約50万円得する事となっています。

もちろんこれは結果論ですので、もし最安値(下記グラフ赤丸の所)で一括購入できていれば、それが最大のリターンを生むことは容易に想像はできるかと思います。

ここで言いたい事は、時間的に分散して投資した方がリターンが高められる!

という事では無く、

株価の短期的な値動きは素人の私達にはわからないという前提なので、特に下落相場の場合は時間的に分散をしながら投資していく方が、高値で買ってしまうリスクを抑えられるという事です。

つまり、資産運用に回しても良い資産が100あるとしたら、10~20位ずつ分散して投資していくのが良いのではないかと考えています。

また、過去の歴史を見ると、弱気相場は数か月は継続しているので、月1~2回程度で投入していくのが良いのではないでしょうか?

一応言っておくと、今が底値と考えて一括投入する事も正解という可能性も十分あります。

その結果が分かるのは数年後。私の考えが合っていたか間違っていたか、確認してみたいと思います。

何を買えばよいのか?

ではどんなものを買えばよいのでしょうか?

過去の記事でも紹介していますが、これから株式投資を始めるのであれば、自由な価格で購入できて、プロに運用を任せる事ができる投資信託から始めると良いかと思います。

この記事の中でも紹介している下記の投資信託は、我が家でも積立投資をしている商品でありオススメの投資信託となります。

  • eMAXIS slim全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS slim全米株式(S&P500)

簡単に説明すると、全世界株式は広く世界に分散投資ができる、全米株式は直近10年でベストパフォーマンスを誇る米国内での分散投資ができる、という様なメリットがあり、手数料も業界最安値レベルとなっております。

まとめ

パパ
パパ

では今までの内容をまとめてみましょう。

まとめ
  • 現在の株式市場は30%オフという千載一遇のバーゲンセール中
  • 歴史的に見れば、株式での長期的な資産運用は右肩上がりとなる
  • 購入する場合はタイミングを分散して購入した方が良い
  • 投資信託から始めてみよう(eMAXIS slimシリーズがオススメ)

現在の下落相場は、リーマンショック以来の非常に大きなチャンスとなっています。

株式投資=ギャンブルという様な概念は捨て、今のこのチャンスに株式投資という世界に一歩踏み出す事が将来の人生を支えてくれることを信じています。

パパ
パパ

一緒にこの下落相場を乗り越えていきましょう。

ちなみに、今いくらくらい損しているの?

パパ
パパ

えっ・・・(汗)

長期的に見れば、右肩上がり。

今の損は気にしないことが重要!

このように、株式投資のリスクは0ではありません。いろいろなところで勉強をして、賢く資産運用していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました