いくらちゃんの離乳食日記 オススメ食材宅配
子供とお出かけ 娘たちに伝えたいお金の話

【🔰 初めての投資】 資産運用も色々ある!投資信託とは?

資産運用
スポンサーリンク

パパはこの前、『うちの資産運用は投資信託!』と言っていたけど、資産運用って色々種類があるの?

パパ
パパ

その通り!

資産運用と一口に言っても色々なものがあるから、その辺りを説明するね。

スポンサーリンク

資産運用とは?

「資産運用」というと株式への投資という様なイメージがある方も多いかもしれませんが、

資産運用というと非常に意味合いは広く、運用方法によってリスク、リターン様々です。

パパ
パパ

例えば銀行預金も年に数十円とか利息が入りますよね?

それも資産運用の一つです。

現在様々な金融サービスが出てきており、資産運用の方法も多岐にわたります。

その中でも代表的なものをあげ、リスク、リターンをまとめてみました。

コメントでも書いている通り、投資信託は様々な商品があり、そのリスク・リターンも様々です。

低リスク〜高リスクまで選択肢が多く低額からでも投資が始められるという意味で、初心者には投資信託をオススメしたいです。

ただし、中にはぼったくり商品もありますので投資信託を購入する際は注意してください。

パパ
パパ

では、購入する際に注意するポイントを含めて、投資信託について説明しましょう。

※不動産投資については初心者が手を出しにくいという事で、除外しています。

投資信託の選び方

投資信託って何?

投資信託についてWikipediaで調べてみると

投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式債券金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資家に分配する金融商品[1]。運用による利益・損失は投資家に帰属する。投資信託は流動性のある一項有価証券である[※ 1]。アメリカでは戦前から独占手段として利用されている。

パパ
パパ

ちょっと分かりにくいかな?

要約すると、プロにお金を預けて運用してもらい、投資する先はそのプロが選んだ株や債券などの詰め合わせセット。運用成績に応じてお金が戻ってくるというものです。

もちろん、逆に減ることもあります。

では具体的にどの様にしてリスクやリターンが決まるのでしょうか?すごく単純なモデルで考えたいと思います。

例えば「たらいくら投信A」「たらいくら投信B」という商品があったとして、

  • たらいくら投信A: 株式100%
  • たらいくら投信B: 株式50%、債権50%

どちらのリスク、リターンが高いと思いますか?

先ほどのこちらの表を見て分かる通り、

紫色の株式投資はどちらかと言えばハイリスクハイリターン。水色の債権・保険はローリスクローリターンなので、これらをミックスした「たらいくら投信B」の方がリスク・リターン共に低く、「たらいくら投信A」の方が高いと言えます。

ではこの場合はどうでしょうか?

  • たらいくら投信C: 日本の株式100%
  • たらいくら投信D: 中国の株式100%

これは中国株式の方がリスク、リターンは高そうですよね?

この様に、投資する商品、投資先など様々な要素を組み合わせて投資信託という商品は作られているため、日本国内では5000本以上の投資信託があるといわれています。

パパ
パパ

では、そんなに沢山の種類がある投資信託、どういう点に注意して選択すれば良いのでしょうか?

投資信託の選び方

先ほども書いた通り、運用されている投資信託は約5000本程度あるとの事。

この中から一つ選べと言われても困りますよね。

では、これから投資信託を始めてみようという方にオススメの選び方をお教えします。

投資信託の選び方

つみたてNISA対象商品173本のどれか(金融庁: 公式ページ

これだけです。

これで約5000本→173本まで絞り込めます。

つみたてNISAは国が投資初心者が長期で安心して積立て・分散投資ができる様に作られた制度ですので、安心して投資する事ができると考えられています。

パパ
パパ

つみたてNISA対象は国のお墨付きを貰った商品。この中から選ぼう!

特にインデックス型は手数料が安い為、できればその中から。

※インデックス型の細かい説明は省きます。こちらの金融庁のページの表の最初の148本の投資信託がオススメ!という事です。

つみたてNISA選定基準
  • 販売手数料、運用コストが低い
  • 分散投資されている
  • 運用が安定(リスクが高くない)
  • 毎月分配型ではない
パパ
パパ

逆に考えると、販売されている投資信託の多くは手数料が高く、長期投資に向いていない商品が多い。

購入時には注意しよう!

オススメ投資信託

では、パパによる独断と偏見でオススメ投資信託について紹介していきましょう!

1. eMAXIS slim全世界株式(オール・カントリー)

販売手数料: 0

運用コスト: 年0.25%

この投資信託ひとつ買えば、世界中に投資できます!分散性でいえばNo. 1。コストも非常に安くオススメの投資信託です!

パパ
パパ

これはウチの娘たちの教育資金を積み立ててる投資信託になります。

2. eMAXIS slim全米株式(S&P500)

販売手数料: 0

運用コスト: 0.24%

アメリカの主要な500社の株式に広く分散した投資信託。直近10年で言えば世界株式よりもコチラの方が運用成績は良いです。

コストも十分安く、オススメします!

パパ
パパ

我が家の毎月の積み立てはコチラの投資信託!

その他にも色々な投資信託がありますので、調べてみましょう!

販売手数料0、信託報酬(運用コスト)0.5%以下と言うのが1つの目安になるかと思います!

パパ
パパ

eMAXIS slimシリーズは運用コストが低くてオススメします!

ぼったくり投信に注意

少し前に、ゆうちょ銀行で不適切な投資信託を販売していた、というニュースがあったのを覚えているでしょうか?

実際にどういった商品が販売されていたか調べてみました。

こちらは現在でもゆうちょ銀行で人気の商品となります。

スマート・ファイブ(毎月決算型)

販売手数料: 2.2%

運用コスト: 1.47%

投資対象: 日本国債50%、海外債権15%、海外株式10%、不動産10%、金13%、etc.

分配金: 毎月分配型

この商品を見た私の感想は、

パパ
パパ

販売手数料0の投資信託も多い中、2.2%もあるんだね。運用コストも約1.5%と高いんじゃないかな。。。

パパ
パパ

えっ?この商品の半分以上を占める日本国債って、利回りって0.5%以下だった様な。

その為に運用コスト約1.5%を払うなんて損してるだけでは。。。?

パパ
パパ

毎月分配型だと、複利で増やす事が出来ないよね。。。

もちろん相場が良ければこの様な商品でも利益が出ることもあり、これで良いと思う方も多いのだと思います。

ただ言えることは、もっと手数料が安く、利益を出すことができる投資信託が沢山あるという事。

また、販売手数料、運用コストが高く販売する側にとって利益の出る投資信託であるという事です。

パパ
パパ

自分だったら、絶対にこの様な投資信託は買いませんね。

また、これは噂程度に聞いて欲しいのですが、銀行側がノルマ達成の為に、こういった販売手数料のかかる商品を、高齢者などに買い替えさせ、利益を上げていたという事もあったそうです。

投資信託で資産運用を始めるのであれば、銀行やゆうちょなどの窓口で購入するとこういった商品の勧誘があるかもしれません。

なので、断る自信がない方はネット証券がオススメ。

選択肢も多く自分に合ったものを選べると思います。

こちらの記事に証券口座の開き方や株の買い方などを詳しくまとめているので宜しければご覧ください。

まとめ

投資信託とは何か?どの様に選べばいいかイメージできましたでしょうか?

  • 投資を始めるのなら投資信託から
  • つみたてNISA対象商品から選ぶべし
  • ぼったくり商品に注意 (販売手数料0、信託報酬0.5%以下が目安)
  • eMAXIS slimシリーズは手数料が安くオススメ
パパ
パパ

百聞は一見にしかず。

実際にやってみる事でわかる事も多いので、先ずは100円から始めてみよう!

株式投資のリスクは0ではありません!

リスクを承知の上、勉強しながら利益をあげていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました