失敗しない絵本選びのおすすめ方法4つ>>

1歳後半〜2歳前半にスタートがおすすめ!月刊ポピーの『ももちゃん』。

よく、生協とかの案内チラシや広告とかで目にする、ももちゃん。

この子は誰…?と思っている方もいるのでは?

ももちゃんとは、

新学社という学習教材を扱う会社から出ている家庭学習教材で、1番小さい子向けの教材になっています。

新学社 公式サイト

2歳から中学3年生までの教材を出していますが、これの2歳向けのものです。

ちなみに、こういうドリルに見覚えのある方いませんか?

小学校の時、私これ使ってました!

この会社から出てるのか!と、

個人的には安心材料の一つになったのでお伝えしておきます!

うちの長女たらちゃんは、2歳2ヶ月の4月から1年間『ももちゃん』をやっていました。

\この記事は、こんな方にオススメ/
  • ももちゃんって何?
  • 1〜2歳におすすめの知育教材を探している
  • 月刊ポピーの口コミ体験談を知りたい!

こんな方に読んでいただければ嬉しいです。

目次

ももちゃんの内容は?

ももちゃんは、約30ページほどのシール付きのオールカラーブックと、小さい絵本、保護者向けの読み物(画像にはないです)の3点で1セットで自宅に届きます。

月の真ん中らへんに来月号が届きます。

4月号は、3月の中旬に届きます!

ももちゃんの基本的な内容は、

  • 基本的な生活習慣を身につける
  • 季節のイベントを知る
  • 親と子の触れ合い遊び紹介
  • ストーリー
  • 知育遊び

といった所でしょうか。

ちなみに、

ももちゃんは月々980円です。

みんな知っているこどもちゃれんじは2000円弱なので、その半額くらい。安い!

安いだけではなく無料でお試し体験も出来るので、お気軽に試してみてください〜!

基本的な生活習慣を身につける

このように、基本的な挨拶のお勉強から

滑り台で順番は大事だよね〜といった事、

更に、

好き嫌いなくご飯を食べよう!

というような事を、ももちゃんと一緒に学びます。

実際、たらちゃんは帽子を被るのが嫌いでしたが「ももちゃんも暑い時は被るんだ!」と知ってから自ら被るように!

公園で滑り台で遊ぶ時も、

『みどりちゃんとももちゃんみたいにゴッツンしちゃうから、ちゃんとじゅんばんばんで待って、お友達がいなくなってから滑るんだよね』

といつも私に宣言してから滑っていました。

やはり幼児用教材にはキャラクターが必須です。

うちの子はももちゃんが大好きで、旅行時にはももちゃんの指人形を持ち歩くほどw

▲函館旅行中。五稜郭公園で一緒にピクニック

▲羽田空港で限定東京ばななをみんなに食べさせてあげている

大好きなキャラクターがこうしているから…と訴えるだけでビックリするくらい子供って真似したがるんです。

ももちゃんもさぁ、オードリーの積み木壊しちゃってゴメンねしてたよね?たらちゃんもこういう時なんて言うの?

なんて言うと素直に謝れるようになったり…!

こんなにももちゃんを好きになってくれると思いませんでした。

ももちゃんのおかげで、楽しく生活習慣を身につけられたと感じています。

プリントだけの幼児教材もありますが、1〜2歳の一番のお勉強は『生活習慣を身につけること』。

お手本になるキャラクターがいる教材の方が、子供も楽しく取り組んでくれると思いますよ。

季節のイベントを知れる

お正月などの基本的なイベントはもちろん、

『こさめちゃん』から梅雨を学べたり

『みどりちゃん』から紅葉など、

キャラクターを通して季節の自然現象まで学べるのは良いなと思いました。

節分の時には付録で鬼のツノが付いてきたり、

▲たらちゃんと一緒に作りました♪

クリスマスの紹介もあります。

そしてこれは知育と重なる部分もあるのですが、

このようなイベントと一緒に数や文字の勉強が一緒に盛り込まれています。

お正月の紹介と一緒に、あ、い、う、え、おが学べるページがつづきます。

意識しないで一緒にお勉強も出来て一石二鳥です!

たらちゃんはももちゃんをやっていた一年間、幼稚園のプレにも通っていました。

そこで季節のイベントを教えてもらったようですが、そのイベントがももちゃんでも紹介されているのを見て

これ、ももちゃんもやるの?みんなやるんだねぇ!

と、本当に理解してくれていたように感じます。

幼稚園の先生よりも、ももちゃんを信じる2歳児でした。(笑)

親と子の触れ合い遊び

毎号必ず、わらべ歌や親と子の触れ合い遊びが紹介されています。

しかも、この歌は携帯から音声を聞く事ができます!

※会員限定のページで登録をすればいつでも聴けます。ももちゃんの声可愛いので是非聴いてみてください♪

なので、歌詞だけ書かれても分からない…といった心配はありません。

ちなみにうちのたらちゃんは、

この遊びがお気に入りです。(親がしんどいやつ)

ストーリー性

4月号から3月号まで一貫して『ももちゃんとその仲間たち』というような流れで新しいお友達が出てきたりお話が進んでいくので、毎号毎号ある意味絵本のような形です。

こちらの記事でも書きましたが、

我が家ではももちゃんは寝かしつけの絵本として寝室に置かれています。

最初はももちゃんとオードリー、ミニドリーの3人だけなのですが

どんどん毎号お友達が増えていって楽しくて飽きないです。

ポピーは、机に座る習慣を!というのがひとつのウリですが好きに活用しましょう!!!

ちなみに、ももちゃんが終わると次は『きいどり』という年少さん用の教材に変わるのですが

子供達が混乱しないようにちゃんと橋渡し的なお話もあるので子供もスムーズに次の教材に移行できると思います。

『きいどり』になってもたまにももちゃんは登場するらしいので、楽しみです。

きいどりの情報はこちらからどうぞ!(準備中)

知育

ももちゃんは、貼ってはがせるシールが毎号ついています。

1歳後半からシール遊びが大好きだったたらちゃんのため、最初はこのシールブック目当てでももちゃんをとっていました。

最初は適当に貼ることしかできなかったのに、今では指示通りに自分で考えて貼る事が出来る様に…!

子供の成長を感じます。

また、シールの他に迷路遊び、

どっちが長い?短い?などの遊びも盛り込まれています!

折り紙でももちゃんを折ってみようというページもあって、実際にたらちゃんと折ってみたり。

▲シールは付いていました。おりがみは自前。

何歳で始めるべき?

たらちゃんは、1月後半生まれ。

2歳2ヶ月、4月号から始めました。

結論を言うと、この時期にこの号から始めたのはベストだったと思います。

対象年齢は2〜3歳となっていますが、3歳から始めるにはちょっと物足りないかもしれません。

そして、先述した通りももちゃんはストーリー性があるので

4月号のはじめましての回から是非はじめて欲しいので、私的ももちゃんを始めるベストタイミングは、

1歳後半〜2歳前半の4月号からです!

4〜8月生まれちゃんは2歳になる前の3月に、

11〜3月生まれちゃんは2歳になってからの3月に

入会するのがオススメです!!!

9月と10月生まれについて何も言及しなかったのは、丁度1歳半で始めるか、2歳半で始めるかという微妙なラインにいるからです。

そこは子供の成長を見て、パパママの判断でご検討ください。

ももちゃんは教材を無料でお試しする事ができるので、一度試して見て早いかな?遅いかな?を判断することが出来ます。

是非ご自分のお子さんと実際にやってみて体験してみてください!

付録やおもちゃは?

こどもちゃれんじ等に代表される通信教材は、おもちゃが豪華でそれを目当てに始めたいと思う方も多くいらっしゃいますよね。

でもね、

ももちゃんの付録は、正直ゴミです!

基本、紙です。

毎号巻末にある言葉カードとか一瞬でゴミになります。

節分の時に作った鬼さんのツノも紙です。

しかし私個人的にそっちの方が有難いと思っています。

潔く捨てれて、部屋がスッキリします。

ただでさえ子供がいるとおもちゃって増えますよね。

100均でうっかり購入させられたもの、ハッピーセットや飲食店でのおまけ、おもちゃなど……

そんな中、通信教材でなかなか捨てられないしっかりしたおもちゃが増えるとなると、部屋の整理が追いつきません。

通信教材のおもちゃだけ揃えればいいかもしれませんが、誕生日、クリスマス、結局大きいおもちゃを買う機会は多くあります。

なので私は潔く捨てられる付録が気に入っています。

ちなみに、とても気に入った紙の付録はラミネート加工をして取っています。

画像

ももちゃんの入会特典として最初に

レジャーシート

ももちゃん達の指人形

これを特典としてゲットできますよ〜!

(このくらいだったらスペースなく保管できるので許容範囲です!笑)

まとめ

2歳前半から3歳まで『ももちゃん』をやっていて良かったなぁと思ったこと!

良かったこと
  • ももちゃんが大好きなキャラクターになった。
  • 生活習慣やイベントを理解できた。
  • ひらがなに興味を持つようになった。
  • 最初は出来なかった迷路などがスムーズに出来るようになり、成長を間近に感じれた。
  • 毎週届く楽しみを感じれた。

また、親から見たメリットとして、いちいち書店などでワークブック等を買わなくて良くなったというのが挙げられます。

子供と家にいる時の暇つぶしアイテムが欲しい。

絵本をたくさん読んであげたい。

小さいうちからお勉強的なものをさせたい。

これら全てのニーズをカバーしているのがももちゃんだと思います。

娘にももちゃんをやらせて本当に良かったと思っています。

お試しセットは無料でシールも付いてくるので是非ご検討ください♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!3歳と1歳の姉妹を育児中のSATOです。朝起きたらとりあえず洗濯をしたいタイプで、餃子を焼くのはかなり上手いです。(自分で言う)大学在学中に夫と結婚し、アメリカ中西部で新婚生活を送っていました。日本語教師の資格も持っていますが誤字脱字の多いぽんこつママブロガーです。よろしくね!

目次
閉じる