失敗しない絵本選びのおすすめ方法4つ>>

産後1年半ずっと添い乳をしつづけて感じたデメリット4つ

ママ友のアイコン画像ママ友

添い乳は寝ながら授乳出来てママ的に楽だけど、どんなデメリットがあるの?

サトのアイコン画像サト

最悪、赤ちゃんが窒息しちゃったりするから危険性を分かった上でやらないといけないよ。

添い乳とは、ママが寝ながら授乳をするスタイルのことです。

どうしても疲れている時などに寝ながらおっぱいをあげられるのは楽チンだし、やっているママも多いと思います。

私自身添い乳を未だに(次女1歳半…)続けているのですが、1年半やってきたからこそオススメできない理由を4つご紹介したいと思います。

添い乳をおすすめしない理由4つ
  • 窒息のおそれがある
  • 夜泣きが増える
  • パパに寝かしつけが頼めなくなる
  • 卒乳が遠のく

順番に解説していきます。

サトのアイコン画像サト

自分の事を棚に上げまくってデメリットだけをお伝えしていくよ!笑

目次

添い乳のデメリット①窒息のおそれ

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ首も動かせない状態です。

そして丁度、ママも慣れない赤ちゃんとの生活に身体が疲れ、慢性的な睡眠不足の時ですよね。

サトのアイコン画像サト

うっかり添い乳しながら寝てしまい、そのまま赤ちゃんの鼻と口をふさいで息が出来なくなり…

そんな悲しい事故は実際に起きています。

他人事だと思わずに、首を動かせない新生児初期の頃の添い乳は避けるようにしましょう。

どうしても眠くて辛くて座って授乳ができない時は、誰かに見守ってもらって添い乳してください。

長女たらちゃんが新生児の時、どうしても眠くてたまらなかった時に旦那に見張ってもらって添い乳をしました。双方寝たのを確認し、旦那が私とたらちゃんを少し離してくれました。

いくらちゃんには、首が座るまでは一度も添い乳をしませんでした。

サトのアイコン画像サト

首がしっかりしてきた2ヶ月後半頃から添い乳を始めたよ。

添い乳のデメリット②夜泣きが増える

首が自在に動かせるようになって授乳のリズムも整いだした頃というのは、赤ちゃんの背中スイッチが発動する時期じゃないでしょうか。

ママ友のアイコン画像ママ友

抱っこや授乳で寝んねしたのに、ベッドや布団に置くと急に目をさまし泣いてしまうという、アレだね。

サトのアイコン画像サト

そんな背中スイッチに悩まされて添い乳を始めるママは多いよね!私もその1人だよ!

背中スイッチが発動すると、ベッドに寝かせたままおっぱいをあげればそのまま寝てくれるんじゃない?!と思って軽い気持ちで添い乳を始めがちです。

でも、それは後々の後悔につながるはずです。

いくらちゃん、夜中の授乳は生後2ヶ月から0回の日も増えてきていましたが、添い乳をはじめたら必ず夜中に起こされるようになりました。

しかも、前は起きても1回だったのに2〜3回は起こされるように…。

そしてまた添い乳で寝かせます。延々ループです。

今生後5ヶ月。

まーじーで悩んでいます。

サトのアイコン画像サト

明け方とか30分置きくらいに泣いて起きるよ…

違う要因が絡んで夜泣きが始まったことも考えられますが、添い乳もひとつの原因なのかなと思っています。

追記

生後1歳半になりましたが、未だに夜中2〜3回起きます!添い乳、いい加減やめないといけないですね…。

添い乳のデメリット③パパに寝かしつけを頼めなくなる

添い乳を始めるまでは、リビングで私が授乳した後にパパが寝室に連れていきトントンすれば(時間はかかりますが)寝てくれていました。

けれど、添い乳を始める今となってはパパでは寝かしつけを頼めなくなりました。

サトのアイコン画像サト

おっぱいナシでは寝られない身体になってしまったみたい。

添い乳に慣らすとパパに寝かしつけを頼めなくなる。

これが最大のデメリットであり、添い乳をおすすめしない一番の理由です。

添い乳は背中スイッチで大変な時の寝かしつけは楽ですが、後々のことを考えるとママしか寝かしつけができない状態にさせてしまうので結局自分の首をしめている感じになりますね。

添い乳のデメリット④卒乳が遠のく

長女たらちゃんはだらだら添い乳での寝かしつけが習慣付き、おっぱい大好きな女の子になってしまいました。

それはそれで嬉しいけれど、周りのお友達がどんどん卒乳していくのを親として悩んだりもしました。

そんな時にいくらちゃんを妊娠し、初期に出血があったりとしたのでお医者さんからも授乳はやめた方がいいと言われてしまって断乳を決意した。

サトのアイコン画像サト

やめさせるのはすごく大変だった…。

結局1歳8ヶ月くらいで断乳を決めてから2歳の誕生日ちょっと前くらいまでかかって断乳しました。

卒乳・断乳が大変なのはその子自身の性格などによるものが大きいとは思いますが、いつでもおっぱいを差し出す生活を提供してきたのは私自身でした。

なので、個人的には添い乳は卒乳を遅らす要因のひとつなのではないかと考えています。

追記

今、生後1歳半の次女いくらちゃんもおなじ悩みに直面しています。そろそろ断乳・卒乳を視野に入れたいところですがなかなか難しいです…。細々と頑張ります。

添い乳でしか寝ない子になる前に!

サトのアイコン画像サト

私は実際に添い乳を1年以上続けてきて、娘が『添い乳でしか寝ない子』になってしまってたいへん苦労しているよ〜

なので、まだ添い乳が習慣付いていないママには『添い乳はたま〜にの方がいいよ!』とアドバイスをしたいです!

添い乳のデメリット4つ
  1. 窒息のおそれ
  2. 夜泣きが増える
  3. パパに寝かしつけが頼めない
  4. 卒乳が遠のく

赤ちゃんとの生活では、良い習慣も悪い習慣も親が作り出すものだと思います。

このままじゃ良くない!と思ったら、今すぐ生活を改めるようにしましょう。

サトのアイコン画像サト

自分自身に響く言葉です…笑
生活を改めなくっちゃ!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!3歳と1歳の姉妹を育児中のSATOです。朝起きたらとりあえず洗濯をしたいタイプで、餃子を焼くのはかなり上手いです。(自分で言う)大学在学中に夫と結婚し、アメリカ中西部で新婚生活を送っていました。日本語教師の資格も持っていますが誤字脱字の多いぽんこつママブロガーです。よろしくね!

目次
閉じる